9:00~18:00
毎週水曜日・木曜日
2021年09月01日
知識

重要事項説明書に記載する水害ハザードマップの種類

今年も全国で大雨の被害がありました‼

 

以前にブログで書きましたが、重要事項説明時に水害ハザードマップにおける、取引の対象物件の所在地を説明することが義務化されました。



令和2年8月28日(金)から施行されておりますので、施行されてからもう1年になります。

 

そして、水防法施行規則の規定により市町村の長が提供する、洪水・雨水出水(内水)・高潮のハザードマップにおける土地・建物の位置を説明をしなければなりません。

 

ところが、私が役所調査した愛知県の市町村では、水防法に基づくハザードマップは、洪水ハザードマップしかありませんでした。

 

浸水実績図はあったりしますが、雨水出水(内水)や高潮のハザードマップはありませんでした。

 

したがって重要事項説明書では、水害ハザードマップの有無に関しては、洪水のみ有に印を付けることになるのですが、それだけではよろしくありません。

 

愛知県統合型地理情報システム「マップあいち」のHPや国土交通省の「ハザードマップポータルサイト」のHPにアクセスして得られた情報も参考として添付します。

 

また、高潮に関しては、令和3年6月11日に高潮浸水想定区域が指定されたことに伴い、愛知県河川課のWebページで高潮浸水想定区域図が確認できるようになりました。

 

ですから、高潮に関しては市町村の長が提供する図面ではありませんが、愛知県が公表している高潮浸水想定区域図を添付しています。

 

今や、不動産購入者が最も気にするのが水の被害ですよね。

 

物件を検討する際にハザードマップを見ない方はいらっしゃらないと思いますが、参考にしていただけたら幸いです。

arrow_upward