9:00~18:00
毎週水曜日・木曜日
2021年04月03日
知識

親の近くに家を購入すると補助金がでる!

刈谷市の補助金に「刈谷市三世代同居等住宅取得等支援補助金」というものがあります。

名称だけ聞くと、親と同居しないと補助金が出ないのかと思ってしまいますが、子育て世帯が安心して生活できるように、親世帯の近くに近居する場合も、補助金が出るんです!

今回は近居する場合の条件を見てみましょう!

近居の条件

交付申請日時点において、親家族が市内に住所を有し、かつ、次のいずれかに該当する形態をいいます。

①子家族及び親家族が市内の同一又は隣接の小学校内に存する別棟又は別住戸である住宅に居住すること。

②子家族が居住誘導区域内に居住すること。ただし、同居に該当するものを除きます。

③補助額は20万円で、加算額を含めた上限が40万円

【加算条件】下記の条件を満たす場合は20万円の補助額に10万円ずつ加算されます。

※子と同居する孫の数が3以上の場合 

補助対象の住宅の敷地が居住誘導区域に存する場合

ありがたい制度なんですが、居住誘導区域が狭いのよ。

居住誘導区域内

補助金の交付対象住宅に係る売買契約の締結前(←ここのところ注意)に、補助対象事業の認定が必要になりますので、

詳しくは、「まちづくり推進課住生活係」までお問合せ下さい。

予算がなくなり次第、交付申請の受付は終了しま~す。お早めに!!

今回、刈谷市役所のまちづくり推進課住生活係から資料を送っていただきました!補助金制度のご紹介ありがとうございます。

詳細についてのお問い合わせは 0566-62-1022 まで

この記事を書いた人
桜井 ともみ さくらい ともみ
桜井 ともみ
大手住宅メーカーで3年間、女性営業マンとして勤務。その後(株)堀田土地に入社し不動産仲介業に従事し、24年になります。初めの頃は、失敗や知識不足で至らぬこともありましたが、日々精進を怠らず勉強し、きめ細やかな気配りを忘れないように努力した結果、今ではお取引させていただく物件の半分は、ご紹介によるものやリピーターのお客様になりました。 これからもお客様に寄り添って、不動産に関することなら何でもご相談いただけるようなコンサルタント営業をしていきます
arrow_upward