9:00~18:00
毎週水曜日・木曜日
2020年10月20日
新築住宅の知識

部屋をお洒落に見せる内装!

せっかく、家を買うならおしゃれに見える内装がいいですよね。

あらかじめ綺麗に見えるように作っている新築住宅の例をご紹介します!

ちょっとしたことですが、廻り縁(壁と天井の境目に取り付ける部材)巾木(壁と床の境目に取り付ける部材)の使い方によって家の内装の見え方はかなり違ってきます。

巾木が壁の色に合わせてあると、巾木が目立ちにくくなり、スッキリ見えて、お洒落に見えます。また、床と同じ色の巾木を使う場合、巾木の幅が小さいほうが目立ちません。巾木は存在感が少ない方が部屋の中が綺麗に見えます。戸枠や廻り縁も同じで、壁の色と違う木目の色を使用すると、お部屋がごちゃごちゃした感じになります。

新築住宅の内覧をするときは、内装もチェックしてみて下さい。

この記事を書いた人
桜井 ともみ さくらい ともみ
桜井 ともみ
大手住宅メーカーで3年間、女性営業マンとして勤務。その後(株)堀田土地に入社し不動産仲介業に従事し、24年になります。初めの頃は、失敗や知識不足で至らぬこともありましたが、日々精進を怠らず勉強し、きめ細やかな気配りを忘れないように努力した結果、今ではお取引させていただく物件の半分は、ご紹介によるものやリピーターのお客様になりました。 これからもお客様に寄り添って、不動産に関することなら何でもご相談いただけるようなコンサルタント営業をしていきます
arrow_upward