9:00~18:00
毎週水曜日・木曜日
2021年12月05日
知識

省エネ住宅を取得する子育て世帯へ朗報!!

毎年12月になると来年度に向けた経済政策の議論が始まります。

 

住宅ローン減税に関しては、利息の逆ザヤを解消する為の施策が盛り込まれそうな感じですね。

 

そんな中、子育て世帯が省エネ性能の高い新築住宅を取得し易くする為の支援制度を国交省が検討しています。

 

子育て世帯に該当するのは、18歳未満の子を持つ世帯や、夫婦のいずれかが39歳以下の世帯になる予定です。

 

1戸あたりの補助額は最大100万円にする方針で、住宅の省エネ性能別になるとのことです。

(ZEHは100万円、長期優良住宅は80万円、断熱等性能等級4に該当する住宅は60万円)

 

新築住宅の取得以外の自宅をリフォームし、省エネ性能を高めた場合も、子育て世帯は1戸あたり45万円を上限で、それ以外の世帯も1戸あたり30万円を上限に補助する案が出ています。

 

ただ、予算が540億円程度なので、あるハウスメーカーの所長は、4月・5月の2ヶ月くらいで予算がなくなってしまうのではないかと仰っていました。

 

通常、12月は、お客様のお仕事も年末で忙しいこともあり、住宅を購入する方は少ないと思いますが、この支援制度のおかげで住宅市場は活況を呈するかもしれないですね。

 

100万円って大きいですからね!!

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人
堀田 秀隆 ホッタ ヒデタカ
堀田 秀隆
元々は、某トヨタ系企業に就職した技術者でしたが、某ハウスメーカーで営業を、設計事務所で設計を学び、弊社では分譲住宅の設計・施工・現場管理をした後、現在の不動産営業をしております。 この仕事はつくづく「人生相談」に似ていると実感してます。私の経験・知識・人脈をフル動員して皆様のご相談に乗らせていただき、安心したお取引が出来るように全力で頑張ります。
arrow_upward