9:00~18:00
毎週水曜日・木曜日
2020年11月23日
知識

未来の年表2

この本は2018年に購入して読んだものです。

人口減少と超高齢化社会について書かれていますが、

新型コロナウィルスによって現在行われていることと、この本で書かれている少子高齢化対策として企業ができることが一致しています。

この本の2部に

「今からあなたができること」という章があり

【個人ができること】

【女性ができること】

【企業ができること】

【地域ができること】

が書かれています。

企業ができることの章には

①全国転勤をなくす

②テレワークを拡大する

の2項目があります。

お時間があったら、ぜひ、読んでいただきたいのですが、

第1部はかなり暗い気分になります、念のため。

 

特に<老後資金が貯まらず、「貧乏定年」が増大>のところは非正規雇用が増えているので、納得する部分でした。

また、最後に筆者から

「豊かな日本」をつくりあげてきた"大人たち”へというメッセージがあります。

名古屋市生まれのジャーナリストで産経新聞社論説委員、内閣府、厚労省、農水省の各有識者員も務めた、河合雅司氏の本です。

 

この記事を書いた人
桜井 ともみ さくらい ともみ
桜井 ともみ
大手住宅メーカーで3年間、女性営業マンとして勤務。その後(株)堀田土地に入社し不動産仲介業に従事し、24年になります。初めの頃は、失敗や知識不足で至らぬこともありましたが、日々精進を怠らず勉強し、きめ細やかな気配りを忘れないように努力した結果、今ではお取引させていただく物件の半分は、ご紹介によるものやリピーターのお客様になりました。 これからもお客様に寄り添って、不動産に関することなら何でもご相談いただけるようなコンサルタント営業をしていきます
arrow_upward