9:00~18:00
毎週水曜日・木曜日
2020年11月15日
知識

日本の世帯数、「単身」が3分の1占める

昨日に引き続き、また減少の話が日経新聞に掲載されていました。

2023年、今から3年後には一般世帯数が減少局面を迎え、単身世帯も今から12年後の2032年には頭打ちになり、世帯数増の状況が終わるという予測!(国立社会保障・人口問題研究所)

2033年の空き家率は30.2%と予測されていますが、今から10年後にマイホームを取得する世代の方には、不動産価格が落ち着き、現在より広い土地が買いやすくなっているかもしれません。

この記事を書いた人
桜井 ともみ さくらい ともみ
桜井 ともみ
大手住宅メーカーで3年間、女性営業マンとして勤務。その後(株)堀田土地に入社し不動産仲介業に従事し、24年になります。初めの頃は、失敗や知識不足で至らぬこともありましたが、日々精進を怠らず勉強し、きめ細やかな気配りを忘れないように努力した結果、今ではお取引させていただく物件の半分は、ご紹介によるものやリピーターのお客様になりました。 これからもお客様に寄り添って、不動産に関することなら何でもご相談いただけるようなコンサルタント営業をしていきます
arrow_upward