9:00~18:00
毎週水曜日・木曜日
2020年09月20日
売却相談

一括査定サイトってどう?

便利な時代になりました。いまだに、胡散臭い、騙されそう、入りずらいと思われている不動産会社に出向かなくても不動産の金額がわかる一括査定サイト。他にも『10秒査定』とかもあります。これって信用できると思いますか?

一括査定サイトとは

スマホやパソコンでサイトを閲覧していると沢山の査定サイトの広告に出くわしませんか?『イエウール』、『イエイエ』、『SUUMO売却査定』、『ホームズ』、『HOME4U』etc。数が多すぎて困るくらいあります。

 

沢山の不動産会社を回らなくても、これを利用すれば、複数の業者に査定依頼ができる便利なサービスです。しかし、これだけの一括査定サイトがあると、もはやどこを利用したらよいのかわからなくなりませんか?

 

広告内容が調子良過ぎるんじゃない?と思うサイトはお勧めしません。これは、そうした誇大?広告をしないと皆様が利用してくれないからです。

 

それでは弊社が実際に感じたことをお話しさせていただきます。

 

一括査定サイトの中身

査定依頼方法は大きく二つあります。

・机上査定

・訪問査定

圧倒的に机上査定を依頼される方が多いです。そりゃそうですよね、このサービスを利用する目的は、不動産会社に行かずに簡単に自分の住まいの金額を知ることなんですから。

 

実際はどうでしょうか?

実は、入力いただく情報だけではまともな査定は出来ません。情報量が足りなさ過ぎです。

土地の場合は現地確認できますから大丈夫ですが、マンションや一戸建ての場合は無理です。

入力情報は、構造、間取り、築年月日くらいです。

 

【一戸建ての場合】

『木造2階建て、2015年築、4LDK』これだけの情報で、査定金額を出すんですよ。木造の建物でも建売りと注文建築では、建物価格も仕様も異なります。なにより、実際の建物のコンディションや日当たり等の室内環境が全く不明です。

この情報で出す査定金額は正直、適当です。根拠のあるまともな金額が出せる方が不思議です。ある例外を除いては。

ですから、一戸建ての机上査定の価格を真に受けない方が無難ですよ。

 

【マンションの場合】

一戸建てに比べると、マンションの場合は、同一マンションでの販売事例や成約事例を探したりできますので、取引事例比較法が使いやすいです。

ただし、建物のコンディションがわからない状況での机上査定は、一定の仮定をつけた上でしか出せないのは一戸建てと同様です。

 

机上査定を依頼される方の多くは、実際に売買を検討しているのでなく、気楽なお気持ちで『自宅の価格を調べてみよう』程度で利用されることも多いみたいです。ただ、実際に利用すると、不動産業者から絶え間なく電話がかかってきてビックリした!と言う声も聞きます。

 

不動産会社は当然ながら、お客様の反響毎に課金されてしまうので、媒介依頼を取ろうと必死です。ですから、依頼者が電話でなくメールでと記載しても電話をかける営業マンがいます。

 

ここで、もう気づいていただけたかと思います。一括査定サービスは、不動産会社が売却依頼を取るためのツールになっているんですね。そうなるとどうなるのでしょうか?

 

実際のトラブル例

査定価格が実際の市場価格よりも高くなるケースが多い

弊社がこのサービスを利用した時、全く売却依頼が取れませんでした。弊社の場合、通常3ヶ月以内に成約するような価格を提示するのですが、他社の提示する金額は遥かに高かったのです。マンションや一戸建てで500万円以上高いなんてザラでした。

 

それで売れればいいのですが、他社の販売状況を見ると、やはり市場価格より乖離した金額では売れないことも多く、大幅に値下げして成約する、もしくは売却を取りやめるケースもありました。何よりも、売却期間が長くかかっていました。これは売主様にとっては苦痛だと思います。

 

私が、ある一戸建てを2,600万円で査定して納得いただき販売の準備をしていたところ、お客様も人間ですから、興味本位でついつい一括査定サイトのボタンを押したところ、他社が3,000万円でもすぐ売れる!との査定書を出して来ました。

査定書を見せてくれましたが、全く根拠を感じませんでした。それでもお客様は、『プロが出して来たんだから!』と強く仰いましたので、『それではその金額で始めて、その業者に買主様を付けていただきましょうか?』とお話しして媒介依頼をいただきました。

実際はどうだったか?当然、真っ先に資料を送ったその業者は買主様を付けることはありませんでした。結局、2,600万円で私が買主様を見つけた次第です。

 

このようなことが多々起きています。何故か?それは、一括査定サイトの不動産仲介業者は買取金額を提示しているわけではないからです。仲介ですから、売れようが売れまいが、高い金額を提示する業者もいます。

こうした不動産業者間の競争が査定価格が上昇する要因になっています。お客様も高い査定金額を提示した業者の話しを聞きたいと思うのは当然ですから。

お客様から『ある会社の営業マンは調子いいな!大丈夫かな?と思い依頼をやめました』仰った方も見えましたが、そのようなお客様はやはり少数です。

車でも宝飾品でもそうですが、直ぐに換金可能なのは買取り金額です。一括査定サイトの金額に満足されて売却を依頼される際に、その不動産業者が買取りもしているようでしたら、買取り金額をお聞きになってみてください。どれくらい差があるのか知っておいた方がいいですよ。

 

このように査定価格が実際の市場価格より高い金額が提示されることが多いと言うことをよくご理解の上、上手にこのサービスをご利用ください。

 

また、実際に売却する際は、高く売却するのはもちろんのこと、トラブルがない安心した取り引きになることも重要です。査定価格はあくまで目安であることに留意して売却を依頼する業者をお決めください。

 

この記事を書いた人
堀田 秀隆 ホッタ ヒデタカ
堀田 秀隆
元々は、某トヨタ系企業に就職した技術者でしたが、某ハウスメーカーで営業を、設計事務所で設計を学び、弊社では分譲住宅の設計・施工・現場管理をした後、現在の不動産営業をしております。 この仕事はつくづく「人生相談」に似ていると実感してます。私の経験・知識・人脈をフル動員して皆様のご相談に乗らせていただき、安心したお取引が出来るように全力で頑張ります。
arrow_upward