9:00~18:00
毎週水曜日・木曜日
2020年10月12日
賃貸情報

駐車場経営はこんな方に向いています!

◎遊休地を所有しているが、活用できていない。

◎コストをかけず簡単に活用したい。

◎いずれ土地の売却等を考えており、一時的に有効活用したい。

駐車場経営は、賃貸マンションやアパート経営などの他の資産に比べて初期投資額が少なく、売却や子供用の自宅用地として簡単に転用できるメリットがあります。

 

堀田土地の駐車場区画は906区画

弊社の駐車場の管理・非管理含めて仲介している区画が906区画になりました!(刈谷市・安城市・知立市の駐車場)

空き区画は4.1% 

現在完成したばかりの駐車場もありますので、満車になるように活動してます!近隣の賃貸マンションや分譲マンションへ駐車場のチラシ配布、ネット(ポータルサイト・自社ホープページ・ブログ・SNS)による募集も行っています!

駐車場経営で一番大切なことは、借りる方にとって、いかに利用しやすい駐車場にするかということです。区画割の台数が多いほうが良いとは一概にいえません。台数確保のため区画が利用しづらいと、かえって稼働率が悪くなってしまうこともありますし、利用者同士の車の接触などでトラブルになることもあります。

堀田土地では、区画割、賃料に見合った舗装の有無や次の転用(売却や建築)がある場合は、それも踏まえてご提案しています!

駐車場経営の確定申告

給与所得者が副業として駐車場経営を行っている場合には、ほかの所得と合算して、年間20万円を超えると、確定申告が必要です。駐車場代としての収入が20万円ではなく、固定資産税などの必要経費を引いた所得が20万円を超えるケースです。


給与所得者以外では、ほかの所得と合わせて38万円を超えると、確定申告の義務があります。

この記事を書いた人
桜井 ともみ さくらい ともみ
桜井 ともみ
大手住宅メーカーで3年間、女性営業マンとして勤務。その後(株)堀田土地に入社し不動産仲介業に従事し、24年になります。初めの頃は、失敗や知識不足で至らぬこともありましたが、日々精進を怠らず勉強し、きめ細やかな気配りを忘れないように努力した結果、今ではお取引させていただく物件の半分は、ご紹介によるものやリピーターのお客様になりました。 これからもお客様に寄り添って、不動産に関することなら何でもご相談いただけるようなコンサルタント営業をしていきます
arrow_upward