9:00~18:00
毎週水曜日・木曜日
2021年07月26日
売却専門

大手不動産会社なら大丈夫か?

大手不動産会社は、どれくらいの割合で両手仲介を行っているのか、手数料率統計データがあります。(週刊ダイヤモンド2015年4月18日号)


仲介手数料ランキング上位会社の平均仲介手数料率は、4%以上。

大手で、一番手数料率が高い会社ですと5.33%になっています。

全てが両手数仲介であれば6%となることを考えると、この5.33%の数字は相当に高い数値です。

この統計データをみると、上位の不動産会社の取引は、「両手仲介が基本となっている」ことがわかります。
「大手は積極的に売却物件を他社に紹介しない」ということが、手数料率を確認することでわかります。

なぜ、大手不動産会社は他社に物件を紹介しないのでしょう?

「両手仲介」が基本の大手不動産会社

なぜ、他社に紹介しないのか?
それは、大手不動産会社は両手仲介が基本だから。


さらに、大手不動産会社の営業担当は、高い売上ノルマが課せられています。
そんな環境にいると、1度の取引で、仲介手数料が2倍の「両手仲介」を目指すのは営業担当としては当然といえます。

積極的に他の不動産会社に売却物件を紹介しにくくなっていて、そのため高値での売却が難しくなってしまっているのです。

大手不動産会社は高く売るために考えてくれない?

大手なら安心!と思っている方はびっくりしてしまう内容ですが、実は大手不動産会社には不動産を高く売るための具体的な戦略がないことが多いのです。
「大手不動産会社には数多くの売却物件を持っている」ことがキーポイントになります。

売却物件を数多く持っていると、その物件ひとつひとつにかけられる時間と手間が少なくなります。恐ろしいことに、戦略を練るどころか、すぐに売れるように売却価格を設定してしまい極力手間をかけないようにするという営業担当も…。

それは訪問査定に来てもらうとよくわかります。建物にあまり詳しくない営業担当者が「室内の見た目がきれいかどうか」をざっと見るくらいで、建物の状態をきちんと見て査定するわけではありません。

高く売却するために
「建物の調査報告書を作成する」
「魅力あるリノベーションプランを用意する」
「建物図面やメンテナンス履歴などの資料を整備する」
などの具体的な施策を提案することはしないのです。

高く早く物件を売却するなら…

効果的に売却戦略をもった不動産会社を選ぶ!ことです。

売却を成功させるには、大手だろうと中小だろうと関係なく、戦略がなければ不動産を高く売却することはできません!

所有する大切な不動産を任せられるのは、「高く早く売るための戦略を持った 不動産会社」なのです。

arrow_upward