9:00~18:00
毎週水曜日・木曜日
2021年12月17日
知識

こどもみらい住宅支援事業

子育て世帯(18歳未満の子)や若者夫婦世帯(夫婦のいずれかが39歳以下の世帯)<※年齢は令和3年4月1日時点>高い省エネ性能を有する新築住宅取得や住宅の省エネ改修等に補助金を交付する事業が創設されました。

◆新築(延床面積は50㎡以上)の取得で最大100万円。

①ZEH、Nearly ZEH、ZEH Ready、ZEH Oriented→100万円/戸
(強化外皮基準かつ再エネを除く一次エネルギー消費量▲20%に適合するもの)

②高い省エネ性能等を有する住宅→80万円/戸
(認定長期優良住宅、認定低炭素建築物、性能向上計画認定住宅) 

③省エネ基準に適合する住宅→60万円/戸
(断熱等級4かつ一次エネ等級4以上を満たす住宅)

◆省エネ改修(リフォーム)等の場合は全世帯が対象ですが、子育て世帯、若者夫婦世帯の場合は上限引き上げの特例があります。上限30万円/戸

※子育て世帯又は若者夫婦世帯は上限45万円/戸(既存住宅購入を伴う場合は60万円/戸) 安心R住宅の購入を伴う場合は、上限45万円/戸

国土交通省は「説明用WEB動画」及び「説明用スライド」の公開は、令和3年度補正予算が成立した後に行うことを予定しているそうです。

概要のPDFはこちら

こどもみらい住宅支援事業の変更点

この記事を書いた人
桜井 ともみ さくらい ともみ
桜井 ともみ
大手住宅メーカーで3年間、女性営業マンとして勤務。その後(株)堀田土地に入社し不動産仲介業に従事し、24年になります。初めの頃は、失敗や知識不足で至らぬこともありましたが、日々精進を怠らず勉強し、きめ細やかな気配りを忘れないように努力した結果、今ではお取引させていただく物件の半分は、ご紹介によるものやリピーターのお客様になりました。 これからもお客様に寄り添って、不動産に関することなら何でもご相談いただけるようなコンサルタント営業をしていきます。
arrow_upward