9:00~18:00
毎週水曜日・木曜日
2021年11月28日
地域情報

オオワシGetだぜ!!(滋賀県長浜市湖北町)

琵琶湖のほとりに『湖北みずどりステーション』という道の駅があるのですが、そこの

近くに山本山(約325m)という山があります。

そこにオオワシがやってくるという情報を知り(超有名なオオワシだったようです。)

思わず行ってきてしまいました。

とはいうものの本当の目的は友人のお墓参りだったのですが、その帰り道にちょっと寄り

道くらいのつもりが、がっつりこちらが主目的になってしまった感があり、友人には

申しないという感じです。恨まないでね。

初日は、お墓参りを済ませ湖北みずどりステーションに向かう途中、トビの群れに出会

い、ひとしきりカメラに収め、再び目的地へ。

目的地へ到着するちょっと手前に『トンネルを抜けるとそこは・・・・・』という小説の

一説のような場所(雪国ではなく琵琶湖だったんですけどね)があったり、みずどりステ

ーションへ到着するや否や、天気が目まぐるしく変化、突然虹がでたりして、何やらいい

とが起こりそうな予感が・・・・。

(来る途中のサービスエリアでも虹が出ていたりして。)

お昼頃、湖北みずどりステーションに到着してから、昼食を済ませ、琵琶湖湖畔を散策し

ながら、コハクチョウ、ヒシクイなどの大型の水鳥も飛来しているとのことだったので、

それらをひととおりカメラに収め、初日は日没となり終了。

(夕焼けも少しだけ綺麗に見えました。)

湖北みずどりステーションは車中泊もできる道の駅らしく、ちょっとウキウキしながらの

夜を迎えたのは良かったのですが、夕食を済ませると、外は真っ暗、ほとんど物音もしな

い状況ではもう寝るしかありません。

ぐっすり眠り、スッキリした朝を迎えたと言いたいところでしたが、やはり車中泊では首

は痛いは、背中は痛いは・・・・。

そうこうしているうちに9:00になり隣接の湖北野鳥センターが開いたので、そこで

オオワシ情報をゲット!!

今日はすでに山本山の低い所にある木(あまり止まらない木らしい)に留まっているとの

(野鳥センターは、リアルタイムでオオワシの状況がスクリーンに映し出されてい

のです。)

急いで現場へ急行(歩いて)しましたが、すでにバズーガ砲を構えたカメラマンがいるは

いるは。

平日の昼間だというのにこんなにたくさんの人がいるとは夢にも思っていなかったので、

ちょっと気おくれしながらも、図々しくオオワシのもとへ。

いましたいましたオオワシが。

しかしでっけぇ~~~~~~~~~~。50,60メートルほどの距離なのに。

木の枝に留まったまま動く気配は全くなし。

時折首を右に向けたり、左に向けたりするだけで、本当に動きません。

大勢のカメラマンは、飛んでいる姿(翼を広げたところなど)を撮影しようと千載一遇の

チャンスを待っています。

あんまりはしゃぐと顰蹙を買いそうな中、こちらは初めましてなので、シャッターを切り

まくりました。(ほとんど同じような写真ばかりになりましたけど・・・)

20,30分たった頃でしょうか?

気づくと、く、く、首が・・・・・・・。

続いてカメラのバッテリーも底をつきタイムアウトとなりました。

まあ、目標は達成したし、満足、満足!!

しかし次回は是非、飛び立つところ、飛んでいるところを撮影したいものです。

ひょっとしてまた来る気なのか????????

この記事を書いた人
天野 浩人 アマノ ヒロヒト
天野 浩人
私が当社に勤め早、四半世紀、年齢も半世紀を超えました。 体力は年々衰え、体はいうことを利かなくなりますが、何とかこの経験を活かし皆さまのお役に立てるよう、これからも頑張ってまいります。 どんな些細なことでも結構です。遠慮なくご相談ください。 【趣味】 ゴルフ(思いっきりボールをひっぱたくと気分が爽快です) カラオケ(思いっきり大声を出すと気分が爽快です)   ※別にストレスが溜まっているわけではありませんよ
arrow_upward