9:00~18:00
毎週水曜日・木曜日
2020年10月19日
教育施設

刈谷市立小高原小学校

小高原小学校は、1907年(明治40年)1月1日 、 刈谷町第2尋常小学校として創立されました。

『小高原』とは、旧小山村、旧高津波村、旧重原村から一文字ずつ取った合成名称です。刈谷市の工業都市化の影響を受けて、1950年(昭和25年)頃から児童数が増加しました。

1968年(昭和43年)には刈谷市立住吉小学校が、1971年(昭和46年)には刈谷市立かりがね小学校が、1980年(昭和55年)には刈谷市立日高小学校の3校が本小学校から分離独立しました。

刈谷市立刈谷東中学校の学区に含まれています。また、隣接して小垣江幼児園があります。

この記事を書いた人
堀田 秀隆 ホッタ ヒデタカ
堀田 秀隆
元々は、某トヨタ系企業に就職した技術者でしたが、某ハウスメーカーで営業を、設計事務所で設計を学び、弊社では分譲住宅の設計・施工・現場管理をした後、現在の不動産営業をしております。 この仕事はつくづく「人生相談」に似ていると実感してます。私の経験・知識・人脈をフル動員して皆様のご相談に乗らせていただき、安心したお取引が出来るように全力で頑張ります。
arrow_upward